おたふくかぜ 原因 症状 感染 合併症 対策

おたふくかぜの原因と症状、感染、合併症の対策

スポンサーリンク

ムンプスウィルスが飛沫して、それに接触してしまった人は感染しやすい「おたふくかぜ」は高熱と耳の下などが腫れてしまう原因と症状がみられます。
最近では乳幼児期に予防接種する機会も多く、おたふくかぜに感染しないまま大人になる方も多く、結婚後に自分の子供から感染が原因となり、症状を起こすことも十分ありえまるので、感染の対策を立てることが重要になります。
治癒するまでの期間はどれくらいかかるものなのでしょうか?

 

 

【感染から治癒するまでの期間】
おたふくかぜにかかる原因となる感染経路は、飛沫感染と接触感染です。
潜伏期間が2〜3週間とも言われていますので、いつの間にか感染している訳です!
そして発熱や耳の下が腫れてくると、おたふくかぜを発症。
この期間はおたふくかぜの原因が多く、非常に感染、発症しやすいので、治癒するまでの対策として、約1週間は外出を控えましょう。

 

まだまだ治癒した訳ではない回復期間は、症状を発症してから約10日間ですが、この期間も二次感染しますので注意が必要です。
熱が下がったからといって友人たちに会うことは控えましょう。

 

 

【大人は重症化するおたふくかぜ】
大人になるまで感染しないできてしまうと、自分の子供や知り合いの子供たちからうつされる事が、おたふくかぜの原因と症状となります。

 

乳幼児のころにおたふくかぜに感染しなかった場合には、大人になりどこかのタイミングで飛沫感染し、おたふくかぜの原因と症状が出る恐れも十分にあります。
激しい、頭痛・嘔吐と共に40度以上の高熱が出ていると非常に危険です。
首の後ろが固くなり、激痛が走る場合にはすぐに病院を受診しましょう。

 

また、大人での感染では、高熱により生殖器官が影響を受けて、無精子になるなんて巷では都市伝説のように言われていますが、もちろんそういう重い症状の方もいらっしゃいます。

 

しかし、もっとやっかいなのが無菌性髄膜炎を併発しやすいということ!この合併症では、頭痛などの症状も出ますし、完治するまでに少し長引いてしまいます。
大人は社会との接点も多いですので、しっかりと治癒するまでは自宅での療養をおすすめします。

 

まさかの高熱で1週間以上も会社を休んだ!という話もよく聞きますが、学校などと同様に会社にも出社してはいけません。
高熱や腫れだけなんだしと高を括らないでくださいね。
職場に妊婦さんがいれば大変ですからね。

 

スポンサーリンク

 

【おたふくかぜの注意点】
おたふくかぜを発症したら、対策としてどのような点に気をつけるべきでしょう。
予防接種する子供も増えて、学校でも学級閉鎖になることはあまり見かけません。
しかし、非常に怖い感染症ですので、通院する際に事前に病院に症状を伝えてから行きましょう。
診察までは別室待機が当たり前です。
他の乳幼児や妊婦さんへも接触しない事が最も大切な注意点です。

 

 

【おたふくかぜにも合併症はあるの?】
おたふくかぜの症状がでても適切な対策をしていれば、自然と解熱して腫れも引きますが、注意点がありますので確認しておきましょう。
それは合併症です。

 

とくに成人している大人の患者が、おたふくがぜによる症状を原因として、
精巣炎という合併症を発症しやすいと言われています。
卵巣炎にかかる女性においては、おたふくがぜによる症状を原因として、妊娠しにくい体質になるとも言われています。
おたふくがぜによる症状を原因とした合併症の注意点は、ほかにもあります。
おたふくがぜによる症状を原因とした合併症として、
難聴になることもありますのでその後の人生に大きく影響してしまう恐れもあります。

 

 

【深刻な合併症で髄膜炎も】
高熱がでて、耳の下やほっぺた辺りまで腫れているけれども、解熱すると自然に症状も治まるおたふくかぜですが、その症状を原因とした合併症として、髄膜炎を発症することもまれにあります。
注意点などとくにはありませんが、頭痛や嘔吐、首のうしろあたりが痛みを伴う場合には、
おたふくかぜによる症状を原因とした合併症とした髄膜炎かもしれません。
ムンプスウィルスが髄膜に侵入している状態です。

 

髄膜炎以外にも、おたふくかぜによる症状を原因とした合併症があります。
おたふくかぜによる症状を原因とした合併症の注意点ですが、脳炎が引き起こされている可能性もありますので、痙攣や意識障害などが起きた場合にはすぐに診察を受けましょう。

 

【終生免疫なのかな?】
一度でも感染すると、一生涯免疫が付くと考えられています。
ただし、感染力が弱くて高熱もあまり出ず、腫れも軽症であれば、再度感染することもまれにあります。
治癒しても一定期間は、タオル類は別にするといいでしょう。

 

スポンサーリンク