おたふくかぜ 治癒 期間

おたふくかぜの治癒期間

スポンサーリンク

ムンプスウィルスが飛沫して、それに接触してしまった人は感染しやすい「おたふくかぜ」は高熱と耳の下などが腫れてしまう症状がみられます。
最近では乳幼児期に予防接種する機会も多く、感染しないまま大人になる方も多く、結婚後に自分の子供から感染することも十分ありえます。
治癒するまでの期間はどれくらいかかるものなのでしょうか?

 

【最近大流行のおたふくかぜ】
ここ数年、大流行している「おたふくかぜ」は、感染力が強いことが特徴です。
乳幼児が集う保育園や幼稚園などでは、一人が感染すると、まわりの子供たちも飛沫感染するという集団感染が多く報告されています。
それは大人に比べると、接近して遊ぶ機会が多い子供たちだからなのでしょう!

 

【感染から治癒するまでの期間】
おたふくかぜにかかる感染経路は、飛沫感染と接触感染ですが、潜伏期間が2〜3週間とも言われていますので、いつの間にか感染している訳です!
そして発熱や耳の下が腫れてくると、おたふくかぜを発症。
この期間は非常に感染しやすいので治癒するまでの約1週間は外出を控えましょう。

 

まだまだ治癒した訳ではありません回復期間は、症状を発症してから約10日間ですが、この期間も二次感染しますので注意が必要です。
熱が下がったからといって友人たちに会うことは控えましょう。

 

スポンサーリンク

 

【おたふくかぜは治癒するまで出席停止】
大人になるまで感染しないできてしまうと、自分の子供や知り合いの子供たちからうつされてしまい、まさかの高熱で1週間以上も会社を休んだ!という話もよく聞きますが、学校などと同様に会社にも出社してはいけません。
高熱や腫れだけなんだしと高を括らないでくださいね。
職場に妊婦さんがいれば大変ですからね。

 

【終生免疫なのかな?】
一度でも感染すると、一生涯免疫が付くと考えられています。
ただし、感染力が弱くて高熱もあまり出ず、腫れも軽症であれば、再度感染することもまれにあります。
治癒しても一定期間は、タオル類は別にするといいでしょう。

 

おたふくかぜは、免疫力さえつけば二度と感染することはないと考えられていますが、自分がいつか結婚して子供の親になったときに、感染してしまうこともあります。
発症した場合でもしっかりと治療して治癒することが大切でしょう。

スポンサーリンク