おたふくかぜ 予防接種 副反応 発疹

おたふくかぜの予防接種を受けたら発疹の副反応が現れた!

スポンサーリンク

おたふくかぜの予防接種を受けて発疹などの副反応があることも十分に考えられます。
発疹だけではなく髄膜炎などがあるとも言われていますがどのような症状なのでしょう。

 

【おたふくかぜの予防接種で発疹】
おたふくかぜの予防接種では、生ワクチンを接種します。
他の注射と同じように注意事項があるので確認しておきましょう。

 

乳幼児の時期での接種になりますので、次にあげる注意事項は特に気をつけたい点です。
アレルギーなどの副反応が現れやすいのは、接種後30分以内とも言われていますので、すぐに病院から出るのではなくて、しばらく院内などに留まるようにしましょう。

 

【予防接種後に気をつけること】
アレルギー反応がある場合には、急な発熱とともにグッタリする、咳込む、体中に発疹が出るなどママやパパであればすぐに気がつくような症状です。
速やかにドクターに報告してください。

 

スポンサーリンク

 

【副反応で発疹がでることも】
おたふくかぜの予防接種では、接種してから数日経ってから副反応の発疹などが出ることがまれにあります。
生ワクチンですのでおたふくかぜの症状が副反応で出てしまうこともあります。
耳下腺が腫れたり高熱が出たりなど。

 

おたふくかぜの予防接種は任意接種ですので、次にあげる副反応をみると受けさせることに抵抗が出るであろう症状を確認しておきましょう。

 

髄膜炎・脳炎・麻痺・難聴など重い症状のものばかりですので躊躇してしまいそうです。
乳幼児ではおたふくかぜにかかるよりも水ぼうそうにかかりやすい傾向にありますので、まずが水ぼうそうの予防接種を受けてからにしましょうと小児科で言われることのほうが多いようです。

 

アレルギー反応で発疹がでたり、脳炎などの重い副反応がでるとも言われるおたふくかぜの予防接種ですが、大人になってから発症するとそれこそ重症化しやすいと考えられています。

 

やはり、適した年齢である乳幼児のころには接種しておくべきだと言えるでしょう。
風邪を引きはじめている、最近具合が悪そうだという時期をずらして、かかりつけの小児科でよく相談して、子供が元気なときに接種してもらいましょう。

スポンサーリンク