おたふくかぜ 予防接種 有効期間

おたふくかぜの予防接種。その有効期間は?

スポンサーリンク

おたふくかぜは、生ワクチンの予防接種を受けることで予防が可能な感染症です。
飛沫感染や接触感染など、いつどこで自分が感染したのか分からないとなれば、自宅で待っているパートナーがもしも妊娠していたら、抗体が薄れていたら、自分以外にも感染してしまうことになります。

 

おたふくかぜには、特効薬はありません。
唯一、予防接種だけが防ぐことのできるものですので、結婚したり、子供ができるなど家族が増えていく前に一度は抗体検査を実施してください。

 

【おたふくかぜの予防接種。
どれくらいの有効期間なの?】
おたふくかぜの予防接種には、生ワクチンと言われている、毒性の弱まったウィルスを使用します。
こうすることで、身体の中では、本当におたふくかぜにかかったときと同じ状態ができて、その菌に対しての抵抗力が作られるのです。

 

まれに副反応が起きてしまい、高熱が出たり、発疹やほっぺたが腫れるなどの症状も現れます。
ごく稀ですが、髄膜炎や脳症を患ってしまい重症化するケースもあります。
予防接種は2回に分けての接種ですが、どれくらいの有効期間があるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

【予防接種の有効期間】
有効期間があるのかという話になってしまいますよね。
本来であれば、感染症として子供のころにおたふくかぜを発症していれば、一生涯の抗体ができると考えられているわけですが、予防接種では一生涯の抗体はつかないこともあると考えるべきなのでしょう。

 

抗体は、徐々に低下するものだということです。
何年で抗体が無くなってしまうのかと心配になりますが、その有効期間は人それぞれ違うようです。
もともと母親から受け継いだ免疫力が高い子供では、予防接種を受ければしっかりと抗体が作られるという考えかたもありますし、もともと体の弱い子供では、抗体が定着する確率も低くなるという見方もあります。

 

あなたの有効期間は何年です!とはっきりとした答えは出せませんが、10年、20年経過したら一度抗体検査を受けてみるといいです。
そこでどれくらい抗体があるのか確認できます。

 

おたふくかぜの有効期間について説明しましたが、大人になってからでも予防接種することは可能です。
子供の頃に感染したことがあったとしても、社会人になるまえに抗体検査を受けてみましょう。

スポンサーリンク