大人のおたふくかぜ 症状 腫れる期間

大人のおたふくかぜの症状と腫れる期間は?

スポンサーリンク

おたふくかぜは子供のころにかかることが多いですが、もちろん大人のおたふくかぜもあります。
大人のおたふくかぜの症状や腫れる期間は子供のおたふくかぜと同じなのでしょうか。

 

【おたふくかぜの感染経路】
おたふくかぜはほとんどの場合、子供のころに感染します。
その理由として、感染経路が飛沫感染や接触感染ということと感染力が強いことがあげられます。
兄弟の1人でも感染すれば、一気に兄弟全員へと感染が広まるのです。

 

【大人のおたふくかぜの症状】
大人のおたふくかぜの症状も子供がかかるものと同じですが、大人がかかる確率は低いため普通の風邪と診断されることもあります。
おたふくかぜの初期症状は、2〜3週間の潜伏期間を経て、38℃以上の発熱と倦怠感が現れます。

 

症状の一番の特徴は耳下線が腫れることです。
両側が腫れるのが一般的ですがまれに片方だけの場合もあります。
舌にまで影響がでてくることもあり、腫れる期間の間は、味覚が鈍ることもあります。

 

スポンサーリンク

 

【腫れる期間と対処法】
腫れる期間は、だいたい1週間が目安となっています。
腫れる期間に大人と子供に差はあまりありません。
ただ、子供のころに予防接種を打っておらずかつ一度もかかったことがない方は、大人のおたふくかぜの症状が重く出ることがあります。

 

腫れる期間中は、保冷剤などで腫れている部分を冷やすと効果があります。
痛みを感じるときは、鎮痛剤を処方してもらいましょう。

 

【後遺症】
子供も大人のおたふくかぜも、さほど重い病気ではありませんが、ほおっておくと難聴になったり、卵巣炎や睾丸炎になることもあります。
女性の場合、不妊の原因にはなりませんが、男性が睾丸炎になり両方腫れる症状がみられたら急いで医師に相談してください。
不妊となる恐れもごくまれにですがあります。

 

子供もですが大人のおたふくかぜになった時、とくに腫れる期間中は他の方にうつさないように人ごみは避けましょう。
どうしても人に合わなくてはいけない時は、マスクをし、手洗いうがいをこまめに行ってください。
相手に、おたふくの経験があるかを聞いておくのもいいでしょう。

スポンサーリンク