おたふくかぜ 症状 唾液が出ない 対処法

おたふくかぜの症状を知ろう!唾液が出ないときの対処法

スポンサーリンク

おたふくかぜは、流行性耳下腺炎といわれている感染症です。
人にうつるので注意しなければいけません。
しかし、潜伏期間が長くて2〜3週間とも言われていて、知らない間におたふくかぜに感染していたことになります。
どのような症状があるのでしょうか。
また、有効的な対処法などを確認しておきましょう。

 

【おたふくかぜの主な症状】
子供たちに多くみられる感染症の一つとされている「おたふくかぜ」にはどのような症状が見られるのでしょうか?発熱すると、耳の下から顎にかけて腫れてくるのが一番の特徴です。
しかし、腫れない場合もあれば、片側の頬だけが腫れていたり、熱も微熱程度だったと症状も人それぞれのようです。

 

【ムンプスウイルスなどが原因】
おたふくかぜは、耳下腺が炎症をおこすのですが、耳下腺ってなんだか知っていますか?唾液腺のことを指します。
たとえば、唾液を出そうとするときに口の中を動かしてみてください。
耳の下のこめかみの部分が動くのがわかるとおもいます。
動きだせば不思議と唾液があふれてくるという仕組みになっているのですね。

 

おたふくかぜの症状が現れた場合に唾液が出ないのを感じたことはありませんか?唾液腺が炎症を起こすことで、唾液が出ない状態になってしまいます。

 

スポンサーリンク

 

【唾液が出ない場合の対処法】
耳下腺は唾液腺ですのでおたふくかぜの症状により、唾液が出ないことはあります。
実は悪循環とも言われている症状で、出ない唾液は唾液腺にそのまま残ってしまうので、ますます腫れてくると考えられています。

 

どのような対処法があるのか確認してみましょう。
実は耳下腺をマッサージするといいそうです。
しかし、痛みが生じているときには無理をしないでくださいね。
耳から顎に向かってやさしく指先を使ってマッサージしてみましょう。
この対処法はすごいですよ!口の中に唾液が溢れてくるのがわかります。
おたふくかぜじゃなくても、唾液が出ないときには試してみてくださいね。

 

唾液が出ないときの対処法には酸味の強い食べ物を食べてみることもいいでしょう。
梅干しやレモンなどでも唾液が出やすくなるでしょう。

 

唾液が出ない症状もあるおたふくかぜですが、いくつかの対処法を試してみることで、腫れの痛みが改善すると言われています。
少しでも気がついたことがあればぜひ対処法をやってみましょう!

スポンサーリンク