おたふくかぜ 大人 症状 頭痛

大人のおたふくかぜには頭痛症状も

スポンサーリンク

近年、大流行しているおたふくかぜですが、大人が感染した場合には頭痛などの症状もみられ、合併症に気をつけなければいけません。

 

【大人でもおたふくかぜに感染する】
乳幼児のころにおたふくかぜに感染しかなった場合には、大人になりどこかのタイミングで飛沫感染してしまう恐れも十分にあります。
とくに大人での感染では、高熱により生殖器官が影響を受けて、無精子になるなんて巷では都市伝説のように言われていますが、もちろんそういう重い症状の方もいらっしゃいます。

 

しかし、もっとやっかいなのが無菌性髄膜炎を併発しやすいということ!この合併症では、頭痛などの症状も出ますし、完治するまでに少し長引いてしまいます。
大人は社会との接点も多いですので、しっかりと治癒するまでは自宅での療養をおすすめします。

 

【感染経路は?主な症状とは】
おたふくかぜは、流行性耳下腺炎(りゅうこうせいじかせんえん)が正式な病名です。
ムンプスウィルスが飛沫感染や接触感染することで、発熱や耳の下などが腫れるのが主な症状です。

 

潜伏期間は意外と長く、約2〜3週間と言われています。
自分でも気づかないうちに感染しているようです。
症状があらわれると約1週間は、ほかの人にもっとも感染しやすい期間になりますので注意しましょう。
その後は、回復期と呼ばれている期間ですが、そこでも二次感染しますので気をつけましょう。

 

スポンサーリンク

 

【大人は重症化するおたふくかぜ】
頭痛などの症状があらわれやすいと言われている大人の「おたふくかぜ」。
特に気をつけなければいけないのが頭痛なのです!

 

激しい、頭痛・嘔吐と共に40度以上の高熱が出ていると非常に危険です。
首の後ろが固くなり、激痛が走る場合にはすぐに病院を受診しましょう。
ただし、頭痛は初期症状でもみられるものです。
あまりビックリしないでくださいね。
自然に治っていけば大丈夫ですよ。

 

大人になってから発症するおたふくかぜは、頭痛の症状も出ますので治癒するまでは本当に辛いでしょう。
しかし、予後が悪くなることもありますので注意して過ごしましょう。

スポンサーリンク