おたふくかぜ 予防接種 卵アレルギー 注意

卵アレルギーには注意が必要!おたふくかぜの予防接種

スポンサーリンク

卵アレルギーがあると受けられない予防接種があるのを知っていますか?インフルエンザのほかにもおたふくかぜなど予防接種を受けることができないのはなぜなのでしょう。
卵アレルギーでの注意する点などを確認してみましょう。

 

【おたふくかぜの予防接種】
なぜ、おたふくかぜで予防接種することができないのでしょうか?それは注射液に含まれるゼラチンが影響していると考えられています。
卵アレルギーだと注意しなければいけない点は何でしょう。
注射前の問診票には、卵アレルギーがあるかどうかチェックする項目があります。
インフルエンザ・麻疹・風疹・そしておたふくかぜのワクチンでは卵アレルギーを注意しなければいけません。

 

これらは生きている細胞にウイルスが侵入することで徐々に増えていくのですが、生きている細胞を探すのは一苦労です!どこかにいいものがないか模索していたら、なんとすぐそばで生活している家畜に存在していることがわかりました。
それはなんと鶏の卵なのです。

 

その方法は原始的ですが、鶏の卵にウイルスを注射することで、徐々に増えていきおおよそ卵1,2個で成人用の予防接種1人分を作ることができると言われています。
ここが注意点ですが、卵の成分が入っているワクチンを卵アレルギーの方に接種するとアレルギー反応が起きてしまうという考えから、注意するように呼び掛けているのです。

 

スポンサーリンク

 

【もともと卵アレルギーがある人は要注意】
アレルギーの検査を行った場合に卵アレルギーのある方は卵成分の入っているおたふくかぜの予防接種を受けると、アナフィラキシーショックを引き起こす可能性もありますので注意が必要です。

 

とはいえ、鶏の細胞を利用して作られたおたふくかぜのワクチンですのでアレルギー反応を起こす確率は低いようですが、接種前の事前問診でも引っかかりますので、担当医とよく相談しましょう。

 

おたふくかぜの予防接種は任意接種となりますので、保険適応外となります。
しかし、大人になってから感染することで重症化しやすいとも言われていますので、不安な方は一度検査を受けてみましょう。

スポンサーリンク