おたふくかぜ 予防注射 副作用

予防注射で副作用も出るおたふくかぜ

スポンサーリンク

おたふくかぜに有効なのは、やはり予防注射です。
まれに無菌性髄膜炎などの副作用が出てしまうこともありますが、大人になってから感染することの方がデメリットも大きくなる傾向にありますので、やはり予防注射を受けておくべきでしょう。

 

【おたふくかぜの予防注射による副作用】
おたふくかぜに有効な予防法は、予防注射です。
生ワクチンを2回接種するのが一般的ですが、生ワクチンですので注射のあとにはアレルギー反応で副作用が起きてしまうこともあります。
急に息苦しくなったり、発疹が出てきたり、急に高熱が出ることなどアナフィラキシーショックのようにすぐに処置をしなければ命が脅かされてしまいます。

 

何か起きてしまうと大変ですから接種したら30分くらいは病院の待合室などで待機するとよいでしょう。
また、自宅に戻ってからも身体の変化に気を配りましょう。
子供だけでなく大人でも急激に体調が悪くなることもあります。
それだけ副作用は怖いものです。

 

スポンサーリンク

 

【予防注射で副作用?】
生ワクチンの予防注射では、接種後すぐに副作用がでることもあれば、何日も経過してから頭痛や発疹などの副作用が出る場合もあります。
このように副作用が報道されるたびのおたふくかぜの予防注射を諦めてしまう人や、子供への接種は怖いから止めておこうという意見も多くでます。

 

おたふくかぜの副作用は、無菌性髄膜炎・脳炎など高熱後にぼんやりしていたら疑ってみましょう。
また、手足に麻痺が残ることや、耳に激痛が走り難聴になってしまうこともまれにあります。
注意しようにも防ぎようのない症状です。
しかし、大人での感染では合併症により、その後の回復が遅れてしまうこともありますので、身体が万全な状態のときに予防注射を受けるといいでしょう。

 

おたふくかぜの予防注射は任意接種となります。
費用も個人負担ですので家族全員で接種となれば、それなりに費用もかさみますので抵抗があるかもしれませんが、受けないでいることで重症化することもあります。
おたふくかぜの予防だとおもって注射を受けましょう。

スポンサーリンク