おたふくかぜ 予防接種 2回目の期間

おたふくかぜの予防接種で2回目の期間はいつ頃?

スポンサーリンク

おたふくかぜの予防接種を受けるときには、他の予防接種とスケジュールが重ならないように注意する必要があります。
かかりつけの小児科や保健所でもスケジュール管理について教えてくれます。
不活化ワクチンや生ワクチンなど予防接種のワクチンには種類もあり、1回だけの接種や次の接種、2回目の期間まで1年以上間があくものまでありますのでしっかりと覚えておきましょう。

 

【おたふくかぜの予防接種】
おたふくかぜの予防接種は2回接種が基本です。
ニワトリの胚細胞を利用して製造された生ワクチンを接種しますが、卵アレルギーがある場合には事前に提出する問診票にそのことを記入しましょう。

 

しかし、ニワトリの細胞から作られているので卵とは関係ないということも最近の研究で明らかになっています。
しかし、副作用が全くないとも言い切れませんので担当医によく相談することが大切です。

 

【何歳から接種?】
おたふくかぜは、ムンプスウィルスの生ワクチンを接種します。
1歳から受けれます。
2回目の期間までは数年経過して接種の方が免疫も定着します。

 

1歳前後は多くの予防接種が待っています。
三種・四種混合など重要な接種もあります。
その年に流行している感染症があればまずはそのワクチンを接種することが望ましいでしょう。

 

2回目の期間ですが、1回目から2年〜6年までに受けると免疫も定着します。

 

スポンサーリンク

 

【同時接種も、おたふくかぜの予防接種】
ワクチンは同時接種することも可能です。
早く免疫をつけて子供の安全を守りましょう。

 

接種当日の子供の健康状態がよくなければ無理は禁物。
風邪の引き始めとかに無理に同時接種しても免疫のつきが悪くなります。
親の予定だけで大切な子供に無理強いしないように気をつけましょう。

 

1回目が1歳だとすれば6歳が2回目の期間だと覚えておいて、他のワクチンと同時接種するのが望ましいでしょう。
2回目の期間までに時間をおく予防接種は多く子供の成長とともに注射のことを忘れてしまいがちです。
母子手帳を見てたまには確認しましょう。

 

おたふくかぜの接種を1歳に受けると大人で感染しても重症化は低いとも言われています。
2回目の期間まで長くて1回目の接種後に忘れてしまっているような人はおたふくかぜの免疫があるのか確認しましょう。
2回目の期間もできれば、集団生活がはじまる小学校入学前には済ませておくといいでしょう。

スポンサーリンク