おたふくかぜ 予防接種 無菌性髄膜炎 対処法

おたふくかぜの予防接種で無菌性髄膜炎を発症!対処法は?

スポンサーリンク

無菌性髄膜炎をご存知ですか?おたふくかぜは、予防接種することで発症を抑えられると言われています。
ただし、1回だけの接種では抗体が定着していないこともあり、大人になってからおたふくかぜを発症してしまうケースもあります。

 

そうすると副作用も強く出てしまい、無菌性髄膜炎になることもあります。
対処法などがありませんので、幼少期の頃におたふくかぜの予防接種を受けておくといいでしょう。

 

【おたふくかぜの予防】
流行性耳下腺炎の通称である「おたふくかぜ」を唯一、予防することができるのがワクチン接種です。
ニワトリの胚細胞を使い増殖させます。
弱毒性ワクチンの部類に入りますが、卵アレルギーの方でも接種できると考えられています。
接種しないと無菌性髄膜炎を引き起こすこともあります。

 

【副作用!対処法は?】
ワクチン接種後に副作用がでることがあります。
耳下腺がおたふくかぜと同じように腫れることです。
接種後3週間経過したあたりに起きやすく、割と多くの人が反応すると言われていますが、特別な対処法はありません。

 

特別な対処法があるわけではありませんが、予防接種を受けていれば副反応を起こすことも低くなりますので、やはり乳幼児の頃に予防接種を受けておくといいでしょう。

 

また、接種後すぐに発熱したり、発疹が出ることもあります。
アレルギー反応を引き起こすおそれもありますので、しばらくは病院の待合室で待機するといいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

【予防接種の副反応で一番怖いのが無菌性髄膜炎!対処法は?】
ワクチン接種では、まれに副反応を起こす人もいます。
おたふくかぜのワクチン接種で一番問題とされているのが、無菌性髄膜炎です。

 

特に乳幼児の無菌性髄膜炎や脳炎などはおもい障害が残ることもあるので問題視されています。
おたふくかぜを自然感染するよりも確率が低いという報告書がウェブサイトで見ることもできますが、自分の家族がその確率の中に入ってしまうことだってありますので、確率云々ではないとおもいます。

 

【対処法がないからこそ予防接種を!】
無菌性髄膜炎・脳炎などの対処法がないからこそ予防接種が必要です。
接種は2回で任意となり保険適応外です。

 

特別な対処法があるわけではありませんが、予防接種を受けていれば副反応を起こすことも低くなりますので、やはり乳幼児の頃に予防接種を受けておくといいでしょう。

スポンサーリンク