おたふくかぜ 症状 両頬が腫れる

両頬が腫れる、おたふくかぜの症状

スポンサーリンク

おたふくかぜの代表的な症状は、耳から顎にかけての耳下腺と呼ばれる、両頬が腫れることです。
発熱とともにどんどんと腫れてきて痛みをともないます。
流行性耳下腺炎という正式病名があるのですが、お多福に似ていることから「おたふくかぜ」とも言われています。

 

【両頬が腫れる?おたふくかぜの症状】
両頬が腫れる原因は、耳下腺に菌が侵入してしまうから。
そこは唾液腺ですので、両頬が腫れる症状が現れてしまうのです。
食事の際には、食べ物を噛むたびに激痛が走る症状も確認できます。

 

乳幼児がおたふくかぜを発症すると、食べ物を嫌がりますので食事が思うように摂取できないこともあります。
このような場合には、脱水症状を起こさないように気をつけてあげてください。
モノを噛むということは、唾液腺を刺激しますので、噛まなくてもいい食事にしてあげましょう。

 

たとえば、おかゆ・豆腐・玉子豆腐・冬瓜スープ・マッシュポテト・かぼちゃの柔らか煮物・ヨーグルトやゼリーなど口の中にスッと入るものを食べさせてあげましょう。

 

スポンサーリンク

 

【両頬が腫れる?おたふくかぜの症状】
両頬が腫れる原因は、耳下腺に菌が侵入してしまうから。
そこは唾液腺ですので、両頬が腫れる症状が現れてしまうのです。
食事の際には、食べ物を噛むたびに激痛が走る症状も確認できます。

 

乳幼児がおたふくかぜを発症すると、食べ物を嫌がりますので食事が思うように摂取できないこともあります。
このような場合には、脱水症状を起こさないように気をつけてあげてください。
モノを噛むということは、唾液腺を刺激しますので、噛まなくてもいい食事にしてあげましょう。

 

たとえば、おかゆ・豆腐・玉子豆腐・冬瓜スープ・マッシュポテト・かぼちゃの柔らか煮物・ヨーグルトやゼリーなど口の中にスッと入るものを食べさせてあげましょう。

 

おたふくかぜに一度かかれば、一生涯抗体ができるとも言われていますので、怖がる必要はありません。
できれば、乳幼児の時期におたふくかぜの予防接種を受けておくといいでしょう。

スポンサーリンク