おたふくかぜ 吐き気が続く 原因

吐き気が続く、おたふくかぜの原因とは

スポンサーリンク

おたふくかぜは、ムンプスウイルスに感染することで症状を発症します。
おもな原因はくしゃみなどの唾液などが飛沫感染したり、すでに感染している人との接触で感染してしまいます。
感染しやすい年齢としては、やはり集団生活をする機会の多い、乳幼児や小学生が多い傾向にあります。

 

【おたふくかぜに感染すると】
おたふくかぜに感染すると、すぐに症状が現れるわけではありません。
潜伏期間が約2、3週間ほどあります。
その時点では、まわりの人への感染原因にはなりません。

 

しかし、突然の発熱とともに唾液腺と呼ばれている耳下腺が腫れ始めます。
前から見ると「おたふく」のような顔に見えることから「おたふくかぜ」と言われるようになったそうです。
両頬の場合もあれば、片側だけだったり、平熱程度の場合もあるようです。
口を開くと痛くなるので食事を嫌がる乳幼児も多いと言われています。

 

【吐き気が続くこともある】
吐き気が続くこともあるおたふくかぜですが、何が原因なのでしょうか?実は腫れも引き始めていて解熱しているのに、頭痛や吐き気が続くことがあります。
もしかしたら、重大な合併症が原因かもしれません。

 

吐き気が続く原因を特定しないといけません。
髄膜炎のほかにも、脳炎や精巣炎、膵臓炎、難聴などの合併症であれば、すぐに病院を受診しましょう。

 

スポンサーリンク

 

【大人では初期症状でも吐き気が続くこともある】
最近のおたふくかぜでは、子供からうつされて感染する大人も多くいます。
原因は、幼児期におたふくかぜに感染していなかったとか、予防接種を受けていなかったなどですが、大人では男女により症状の出かたが違うようです。

 

初期症状でも頭痛だけでなく吐き気が続くこともありますので、おたふくかぜとは気づかなくてもっと重大な疾患だと思ってしまうこともあるようです。

 

おたふくかぜなのに吐き気が続く原因が合併症である可能性も拭いきれません。
自分で判断していると厄介になることも多いので、普通の症状でなければ早めに診察を受けるといいでしょう。

スポンサーリンク