おたふくかぜ 予防接種 二回目 年齢

おたふくかぜの予防接種、気になる二回目の年齢

スポンサーリンク

おたふくかぜは、予防接種を受けることで今ではかなりの高確率で発症を防ぐことが可能となりました。
予防接種を受ける年齢もできれば乳幼児の頃がお薦めです。
二回目の接種もありますので学校などの集団生活に入る前には受けておくといいでしょう。

 

【おたふくかぜについて】
飛沫感染や接触感染して発症してしまうおたふくかぜは、ムンプスウィルスが原因です。
感染してから発症するまでにおよそ2〜3週間は潜伏期間です。
知らない間におたふくかぜを患っているとは驚きです。
発症すれば、高熱がでて耳下あたりが腫れてしまいます。
痛みも伴う場合もあります。

 

【予防接種を受けてみよう】
急性ウィルス感染症であるおたふくかぜは、予防接種を受けることで発症を防ぐことが可能です。
生ワクチンを接種することに抵抗を感じる方もいるでしょうが、もしも、おたふくかぜを発症した場合に起こりうる合併症などを考えると有効的であると考えられています。

 

スポンサーリンク

 

【二回目もある予防接種】
日本での予防接種は、任意となっています。
保健所などから予防接種のお知らせは来ませんので、自分でスケジュール管理をしてしっかりと接種しておきましょう。

 

年齢的にも、集団生活の場に入る前がよいとされています。
ただし、二回目の接種もありますし、他の接種との関係もあるので小児科などに確認して予定を立てるといいでしょう。

 

必ずうけなければいけない四種混合などの不活化ワクチンは、生ワクチンを接種後、4週間は接種できなくなります。
しかも、ほとんどの予防接種は、二回目もあります。
インフルエンザも二回目がありますが、これは一回だけの接種よりもワクチンの定着率が増すからです。

 

【一回目は何歳まで?二回目は?適した年齢】
おたふくかぜ予防に生ワクチンを接種しますが、適した年齢はあるのでしょうか?1歳以上であれば、中学生でも大人でも接種できると言われています。

 

しかし、自己負担で二回目も受けるとなるとそれなりに金額もかかります。
中学生以上の年齢では、一回だけの接種で済ませようと考えている方も多いようですが、それは間違いです。

 

大人になりおたふくかぜを発症して受診してきた患者は、予防接種を受けていないか、二回目だけ受けていないというデータがあります。
年齢に関係なく接種しておきましょう。

 

おとなになってから発症すると重症化しやすいと考えられています。
大人になっていても年齢に関係なく予防することが必要でしょう。

スポンサーリンク