おたふくかぜ 症状 腫れが引かない 原因

腫れが引かないおたふくかぜの症状と原因

スポンサーリンク

おたふくかぜに感染しても、症状は人それぞれに違うこともあります。
高熱が出る人もいれば、熱も微熱程度とか、耳下が腫れると言われているけれども片方の耳下だけがほんの少し腫れて3日くらいで元気になった、腫れが引かないなど同じ感染症でもこんなに症状が違うとは驚きです。

 

【おたふくかぜの主な原因】
おたふくかぜは何が原因なのでしょうか?ムンプスウィルスによる感染ですが、とくに原因になるものはありません。
最近では予防接種を受ける方が多いので、集団感染することも少なくなりましたが、それでも感染することで、予後が思わしく重い障害が残ってしまうこともありますので注意が必要です。

 

【おたふくかぜの症状】
飛沫や接触感染をするおたふくかぜのおもな症状は、高熱・耳下腺が腫れる・肝炎・頭痛などですが、症状の出かたは個人差もあります。
中でも怖いのが合併症です。
おたふくかぜに感染した人の10人に1人は腫れが引かない症状がみられ不安になってしまいます。

 

しかし、その原因については何ともいえず、こめかみに近い耳下腺の辺りから脳へ菌が侵入してしまったからだと考えられています。
もしかしたら、腫れが引かない原因は、別の病気かもしれません。

 

スポンサーリンク

 

【腫れが引かない症状がでたら】
腫れが引かないなどの症状がでたら、慌てずに他の原因があるのか確認してみましょう。
おたふくかぜとよく似た症状では、「細菌が原因の細菌性耳下腺炎」「ウィルス性耳下腺炎」「反復性耳下腺炎」などがあります。
これ以外にも解熱したのに腫れが引かない場合などは、無菌性髄膜炎になっいるケースもありますので病院で検査を受けましょう。

 

おたふくかぜの合併症なんて、自分の子供がなるわけないとおもわないでください。
無菌性髄膜炎が50人に1人の割合で起こる疾患ですし、1000人に1人の割合で、重度の難聴になり一生涯その病を背負って生きなければいけない子供もいます。
腫れが引かないときにはすぐにでも病院を受診してください。

スポンサーリンク